日本演劇学会
全国大会・研究集会・コロキウム
2018年度 日本演劇学会 全国大会  テーマ:演劇と文化現象

◆ごあいさつ
2018年度の全国大会は、韓国演劇学会との共催で行われます。6月29日(金)は午後から韓国演劇学会の研究発表が行われますのでこちらもぜひご参加ください。 テーマは「演劇と文化現象」で、これは両学会共通のものでもあります。

演劇はその時代の社会的、政治的文脈において、文化的価値を新たに生みだし、そして評価され、位置づけされてきました。
例えば、近現代劇はハイ・アート(高級芸術)とマス・カルチュア(大衆文化)二つの対立と融合の中で変遷してきました。第二次大戦後の演劇を含めた芸術活動はポスト・モダンという概念を生み、「前衛(アヴァンギャルド)」、「モダンアート」、「ポップ・カルチャー」、「サブ・カルチャー」など、演劇を評価し分類する枠組みも多様化し変化し続けています。
また、このような視点で能楽、歌舞伎、そしてパンソリなどの伝統演劇の誕生や体制の時代、そして現在の状況を、その時代の文化現象との関連で考えることも非常に興味深く思われます。同じことはルネサンス期や中世のヨーロッパ演劇にも当てはまるでしょう。
このように文化現象と結びつけて演劇をとらえ、過去・現在・未来の演劇について討論する場を提供できればと考えております。以上のような大会趣旨で研究集会を開催したいと思いますので、みなさまの積極的な研究発表のご応募をお待ちしております。募集要項は下記に記載の通りです。

2018年度日本演劇学会大会実行委員会
枡井智英

 

◆日時: 2018年6月29日(金)~7月1日(日)

※韓国演劇学会は6月29日(金)に同会場にて同じテーマで開催します。日本演劇学会の研究発表は例年通り6月30日(土)・7月1日(日)の2日間となります。

◆会場:神戸松蔭女子学院大学 (〒657-0015 神戸市灘区篠原伯母野山町1丁目2-1)
◆テーマ:演劇と文化現象
◆研究発表応募要項
下記の①~⑥の情報をA4一枚にまとめ、E-mail添付(件名:2018年度日本演劇学会全国大会応募)、又は郵送でご応募ください。

① 発表又はパネル題目 
② 発表者名(ふりがな)
③ 所属・身分(学年)
④ ご連絡の住所、電話番号、E-mailアドレス
⑤ 使用予定機材
⑥ 発表要旨600字程度

※なお発表時間は、発表25分・質疑応答10分、パネルの場合は2時間を予定しています。
*採否につきましては追って、ご連絡いたします。
*テーマ以外の研究発表も併せて募集いたします。

 

◆応募資格
本学会員であること。また、本年度の学会費を収めていること。

◆発表題材例
大衆文化と演劇/カウンター・カルチャーと前衛演劇/伝統演劇の大成とその文化的背景/テクノロジーと演劇/サブ・カルチャーと小劇場/ポスト・モダニズム社会における現代演劇の変遷/神話と演劇/ルネサンス期の演劇/インター・カルチュラリズムと演劇/両大戦間の演劇/革命と演劇/マルチメディアと演劇/文化現象と身体表現/近現代の文芸運動と演劇/21世紀における韓国と日本の演劇など

◆応募締め切り:2018年2月28日(水)(必着)
◆応募先
〒657-0015 神戸市灘区篠原伯母野山町1丁目2-1
神戸松蔭女子学院大学文学部総合文芸学科 枡井智英宛
E-mail: masui@shoin.ac.jp
TEL: 078-882-6122