日本演劇学会
全国大会・研究集会・コロキウム
2020年度 日本演劇学会 研究集会

◆テーマ:「日本を取り巻くアジアの演劇」
◆開催日程:2020年11月14日(土)、15日(日)
◆会場:京都造形芸術大学(2020年4月以降は、京都芸術大学)
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116

「アジアの一員としての日本」といったことが謳われ、アジア諸国への一般的な関心や意識が格段に高まってから久しくなります。それでは、「演劇」においてはどうなのでしょうか?
今日、日本を含むアジアの国や地域では、西洋型の様式や手法を基盤としつつも、各々の国や地域における固有の文化や習慣、政治状況さらには伝統芸術、芸能などと折り合いをつけながら独自性ある「演劇」を生み出し展開しています。
では、現在の日本の演劇は、他のアジアの国や地域の演劇とどのように交流し、相互関係を築いているのでしょうか?アジア諸国との演劇交流による具体的成果には、どのような例があるのでしょうか?その交流によって、日本の演劇にどのような変容がもたらされたのでしょうか?
作品やアーティストのレベルだけでなく、演劇の担い手を養成する研究教育機関または個人においても、他のアジアの国や地域のそれらと交流や関係を築いているのでしょうか?そういった交流によって、日本の演劇教育や俳優養成、さらには演劇そのものに、どのような変容がもたらされたのでしょうか?
本研究集会では、日本とアジア諸国の演劇の相関を読み解きながら、そこから生まれる新たな可能性について考えていきたいと思います。ふるってご参加ください。 
以上のような研究集会テーマでの研究発表を募集します。みなさまのご応募をお待ちしております。

◇研究集会 研究発表応募要領◇
下記の①〜⑥の情報をA4一枚にまとめ、E-mail添付(件名:2020年度日本演劇学会研究集会応募)、または郵送でご応募ください。

  1. ①発表又はパネル題目   ②発表者氏名(ふりがな)  ③所属・身分(学年) ④ご連絡用の住所、電話番号、E-mailアドレス  ⑤使用予定機材  ⑥発表要旨600字程度

 * なお発表時間は、発表25分・質疑応答10分、パネルの場合は2時間を予定しています。
* 採否につきましては追ってご連絡いたします。
* テーマ以外の研究発表も併せて募集いたします。

◇応募資格◇
本学会員であること。又、本年度の学会費を収めていること。

【発表題材例】アジアの演劇/アジアにおける演劇フェスティバル/フェスティバル・トーキョーとアジアの演劇/アジアの演劇人とのコラボレーション/中東の演劇と日本演劇/中華演劇と日本演劇/韓国劇場街における「日本」/平田オリザによる『東京ノート』、『台湾ノート』、『バンコクノート』、『マニラノート』から見えるアジアの演劇/オン・ケンセンと日本の演劇/アジアにおける2.5次元ミュージカル/アジアの演劇とシェイクスピア/スタニスラフスキーとアジアの演劇教育/アジアの俳優養成/ATEC/APB など

応募締め切り:2020年8月20日(木)必着

応募先
〒606-8271 京都市左京区北白川瓜生山2-116 京都造形芸術大学舞台芸術学科 平井愛子 宛
E-mail: hirai★kuad.kyoto-art.ac.jp   Tel: 075-791-8103

★をアットマークに変えて御送信下さい。