日本演劇学会
全国大会・研究集会・コロキウム
2019年度日本演劇学会全国大会(予告)

テーマ;演劇と文化現象

 演劇の歴史を振り返ると、創造活動とそれへの理論的な省察=演劇論が、いわば綯い合わされる綱のごとくに展開する様相にしばしば思い当たります。ギリシア悲劇→アリストテレス『詩学』→ルネサンス・イタリアのアリストテレス受容→17世紀フランス古典主義演劇、これはその一例に過ぎません。演劇は、上演の過ぎて消え去る本省ゆえに、記述・伝承の必要性を強く喚起し、また規範への美学的思惟を誘う傾向があって、それが後世の演劇人に作用するのかもしれません。
 成城大会2019では、こうした演劇における創作活動と理論的言説の関係性を、地域・時代・文化・言語にかかわらず幅広くテーマ貸してみたいと思います。

◆大会日程
 6月1日(土)~2日(日)

◆場所
 成城大学
 〒157-8511 東京都世田谷区 成城6-1-20

◆今後のスケジュール
 研究発表等の〆切:2019年2月中頃を予定。
 ※ 2018年秋頃には、正式な締め切り日をお知らせすると共に、募集を開始いたします。ふるってご応募ください。