Beckett/Japan/Noho Theatre Group@40 Performance 「ベケット/能」能法劇団創立40周年記念公演 | 日本演劇学会

Beckett/Japan/Noho Theatre Group@40 Performance 「ベケット/能」能法劇団創立40周年記念公演

公演・催事のお知らせ

公開日:2022-03-19 / 更新日:2022-03-19

 

Thursday, March 24th 2022  
10:30 a.m.-13:00 (JST) (GMT+09:00) Japan Standard Time
Online Zoom lecture & performance (English)
(registration required)

オンライン・レクチャー&パフォーマンス
(使用言語:英語、事前登録が必要です)

Ryukoku University’s Intercultural Studies Association (ISA) and J-PEST present an online lecture and performance premiere to commemorate the Noho Theatre Group’s 40th anniversary.

 龍谷大学国際文化学会」(ISA)とJ-PESTは、能法劇団創立40周年を記念して、オンライン講演とプレミア上演を開催いたします。
 第1部では、サミュエル・ベケット演劇研究の第一人者である堀真理子が、傷を抱える社会の変容の中で生み出された、不運にも現在にも当てはまる劇文学とパフォーマンスについて「大災害後における環境危機としてのパンデミック:サミュエル・ベケットから鈴木忠志、別役実へ」 と題し議論します。
 第2部では、1981年より活動する能法劇団の共同創設者、狂言師茂山あきら、国際学部教授ジョナ・サルズが、能法の解釈の歴史を能や狂言の技法を用いた「無」と「間」のコンセプトに焦点を当てて紹介します。
 第3部では、能法劇団の新作を世界初披露いたします。この作品は、すばる文学賞を受賞した小説家、澤西裕天の短編小説『雨の中、傘の下』を原作にしており、能楽界の巨匠松井彰が演じます。上演後には演出家、作家、俳優とのトークセッションを予定しております。

Details of March 24th event

Details on Pandeminar Series

Registration HERE

For further information: J-theatrepandeminar★gmail.com (Anti-spam measure: please change ★ to @ to send an e-mail)

Jonah Salz, Ryukoku University, Faculty of International Studies jonah★world.ryukoku.ac.jp (Please change ★ to @ to send an e-mail)

This is Session 5 in the J-PEST J-Theatre Pandeminar Series: How are Japanese playwrights, producers & performers coping & hoping “with Covid”

Online Zoom event (registration required)/English as working language

Sponsored by the Research Institute for International Society and Culture (RIISC)’s Collaborative Research Project Education, Research, & Practices of Arts & Media Culture in the post-COVID 19 era 「ポスト・コロナ時代における芸術・メディア文化の教育研究と実践活動

前の記事

J-PEST J-Theatre Pandeminar Series 「日本の劇作家、プロデューサー、パフォーマーは『コロナ禍』とどう向き合い、何を望んだか?」 オンラインイベント

PAGE TOP PAGE TOP