時代考証学会シンポジウム「時代劇メディアのなかの近代偉人―歌舞伎からテレビドラマまで―」 | 日本演劇学会

時代考証学会シンポジウム「時代劇メディアのなかの近代偉人―歌舞伎からテレビドラマまで―」

公演・催事のお知らせ

公開日:2022-11-03 / 更新日:2022-11-03

 

会員が企画したシンポジウムです。

対面開催のみとなりますが、お誘い合わせの上、ご参加いただけますと幸いです。

第13回時代考証学会シンポジウム
「時代劇メディアのなかの近代偉人―歌舞伎からテレビドラマまで―」

【日時】2022年11月26日(土)13時~(12時30分受付開始)

【会場】明治大学駿河台キャンパス リバティタワー6階 1063教室

【参加費】500円

【主催】時代考証学会(会長・大石学)

【報告タイトル/報告者(敬称略)】

「テレビドラマのなかの近代偉人 -大河ドラマにおける勝海舟の描写に着目して-」

門松秀樹 時代考証学会(近代日本政治史)

「演劇のなかの山岡鉄舟」

神山彰 明治大学名誉教授、元国立劇場制作室(近代日本演劇)

「歴史上の人物を定点観測するドラマ、その作劇手法 -明治・昭和期を中心に-」

池端俊策 脚本家 『夏目漱石の妻』など

※事前にお申し込みが必要です。感染対策のため、事前の申し込みなしのご参加はお断りさせていただきます。

 お申し込み方法等、詳細はこちらをご覧ください。

https://jidaikousyou.jp/news/398/

前の記事

オペラ/音楽劇研究所シンポジウム
グルック・シンポジウム:オペラ《オルフェーオとエウリディーチェ》とその周辺

PAGE TOP PAGE TOP