学会の歴史と現状 | 日本演劇学会とは | 日本演劇学会
 

学会の歴史と現状

  • 1948年

    6月、創立総会を早大演劇博物館で開催。会員数128名。
    7月、第一回理事会で初代会長に河竹繁俊を選出。

  • 1950年

    学会誌第一号発行(1952年まで第三号)

  • 1953年

    10月、関西支部創立大会を京都大学で開催。山本修二を初代支部長に選出

  • 1957年

    『日本演劇学会紀要』創刊

  • 1961年

    5月、歌舞伎の危機に対する要望書・公表

  • 1961年

    1月、文楽の保存に対する要望書・公表

  • 1963年

    11月、兵庫県農村舞台についての意見書・神戸市農村歌舞伎舞台についての意見書・公開

  • 1967年

    12月、河竹繁俊会長逝去により理事会で守随憲治を第二代会長に選出

  • 1967年

    3月、日本演劇学会河竹賞設置を決定(1973年まで河竹奨励賞)

  • 1975年

    分科会・日本近代演劇史研究会発足

  • 1977年

    11月、関西支部大会で菅泰男を第二代支部長に選出

  • 1984年

    5月、総会で遠藤慎吾を第三代会長に選出

  • 1985年

    分科会・演劇と教育研究会、分科会・歌舞伎を考える会発足(歌舞伎を考える会は1987年解散)

  • 1987年

    5月、「演劇による教育」振興に就いての要望書・公表

  • 1988年

    5月、総会で倉橋健を第四代会長に選出
    分科会・西洋比較演劇研究会発足
    日本学術会議登録研究団体となる
    当初第一部語学・文学研究連絡委員会に所属
    現在は芸術学研究連絡委員会所属

  • 1990年

    6月、総会で河竹登志夫を第五代会長に選出 関西支部分科会・日本近現代戯曲部会発足(1998年、近現代演劇研究会に名称変更)

  • 1996年

    4月、総会で毛利三彌を第六代会長に選出

  • 1997年

    学会公式サイト開設(玉川大学サイト内)

  • 1998年

    4月、関西支部幹事会で近藤公一を第三代支部長に選出

  • 1999年

    5月、創立五十周年記念『演劇学会の記録1949ー1999』刊行
    『日本演劇学会紀要』、37号より『演劇学論集:日本演劇学会紀要』と誌名変更
    関西支部、『山本修二の書斎』刊行

  • 2000年

    5月、関西支部幹事会で権藤芳一を第四代支部長に選出

  • 2001年

    分科会・演劇教育プロジェクト発足

  • 2002年

    6月、大阪大学文学研究科演劇学研究室へ事務局移転
    9月、学会公式サイト、国立情報学研究所学協会情報発信サービスに移転
    12月、関西支部が支部総会で支部解散を議決(03年3月末解散)
    全国大会、年一回制に

  • 2003年

    学会事務センターに一部業務委託

  • 2004年

    10月、学会事務センター破産につき事務体勢の見直し

  • 2005年

    6月、日本演劇学会会友制度の制定

  • 2006年

    6月、総会で天野文雄を第七代会長に選出
    大学生協学会支援センターに業務委託
    日本学術会議の改組にともない藝術学関連学会連合に加盟
    7月、 会報68号より装丁デザインを刷新

  • 2007年

    学会紀要「演劇学論集」を年2回発行へ

  • 2010年

    会員数約630名(2010年12月現在、会友含む)

  • 2011年

    8月、国際演劇学会FIRT/IFTR Annual Conference 2011 Osakaを共催

  • 2012年

    5月、公式サイト、国立情報学研究所学協会情報発信サービス廃止にともない、サーバ移転および公式URLの変更

  • 2014年

    6月、総会で永田靖を第八代会長に選出
    明治大学文学部演劇学専攻へ事務局の移転

  • 2017年

    4月、(株)毎日学術フォーラムに一部事務委託

  • 2021年

    会報の廃止・マイページの開設
    10月、学会サイトの全面リニューアル
    総会員数580名(会友・機関会員等を含む)

  • 入会について

  • 問い合わせ先

  • PAGE TOP PAGE TOP